読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかちゃんねる〜紹介したい素敵なもの〜

グラフィックデザイナー卵の私が、毎日触れる素敵な事について紹介したいブログ⭐︎

【閲覧注意】話題の東京タラレバ娘が怖すぎる件

漫画 ドラマ 東京タラレバ娘 たられば 30代女子 女子会
ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:ykomatsu0320:20170125030202j:image

 

こんにちは、ゆかです。

 

30代女子は知ってる人が多いかも?

 

今や、独身アラサー女のバイブルと化している東村アキコ先生の『東京タラレバ娘』。

 

久しぶりに読みたくなったので、ご紹介。

 

 

今年はドラマも始まり

吉高由里子さん、

榮倉奈々さん、

大島優子さんで

演じてらっしゃいますね〜✨😳

ntv.co.jp

 

 

 

恐怖と痛烈すぎる共感。

私も原作の大ファンです!!!

 

  

 

 

あらすじ

主人公は東京で暮らす33歳独身女性、

倫子、香、小雪の3人。

はたから見れば自立した彼女たちだが、

居酒屋での3人の女子会の話は

「〇〇してれば「〇〇だったらと、

さまざまな妄想と後悔が入り交じった話を

毎晩のように語り合ってる

タラレバ娘」。

 

 

 

そんな彼女たちと偶然居酒屋で出くわした

人気男性モデルのKEYは

「行き遅れ女の井戸端会議」と

言い放つ。

 

 

倫子の順調だったはずの仕事にも

若手に取られ、

なんなら若手の方がいいと言われ……。

 

 

恋愛も仕事も行き詰まりを感じている独身アラサー女性に捧げる、ラブコメ漫画です。

 

 

死ぬほどわかる名言

 

 

ストーリーの背景を知っていただいたうえで

29歳の私が、30歳手前にして

ものすごく共感した名言

ベスト3位をご紹介

 

 

 

【第3位】

 

「もっと手っ取り早く酔っ払いたい」

 

f:id:ykomatsu0320:20170125031353j:image

 

ゆか)この歳だとカクテルじゃ酔えない。

だから日本酒とかに行ってしまう

酔っていないと本音がはなせない、、、

そんな悩めるアラサー

 

 

【第2位】 

 

「いくつになっても自分が主役。人生という長い長い脚本のヒロインは私自身。

それって幸せなことだと思ってた。

なのにどうしてだろう。

ここ最近ヘコむことがあまりに多すぎて、

人生の主役を張るには、

周りの風当たりがキツくなってきた気が…。」 

 f:id:ykomatsu0320:20170125081333j:image

 

主人公が仕事を取られ悲観するシーン。

 

ゆか)若手のふりもできず、

若手を評価する立場にいながら、

新しい案が浮かぶわけではない。

経験と、実績しか話ができない私は

主役としても華がないのだ。

 

 

【第1位】

 

 「あんたらの歳だとチャンスが

ピンチなんだよ。

ピンチがチャンスなのは若いうちだけ。

新人じゃないんだから結果出せて当たり前。」

 

 f:id:ykomatsu0320:20170125122206j:image

主人公が人気モデルKEYに言われた

痛烈すぎふる一言。

 

ゆか)

自分たちを怒る人なんて、
少なくなってきた世の中で
これはさすがにフルボッコされました。

 

 

 

あぁ、、、なんか心グサグサ、ザクザク、

やられる言葉をランキング上位で

並べてしまった😭

 

 

 

でもこれが一番共感したし、

一番効いた😭

 

 

 

 

30歳になると新人じゃない、

ベテランだ。

新しくもない私たちに、

言われたくない言葉を浴びせる、この本。

 

 

単行本は432円(税込)

 

今なら無料で試し読みできるみたい

comic-sp.kodansha.co.jp

 

 

東村先生に直接会って、

がっちり握手したいところです。

 

 

あとがき

 

原作の『東京タラレバ娘』では

主人公・倫子を始めとした

メインキャラ3人の年齢は33歳です。

 

ドラマの設定は30歳。

たった3歳ですが、、、

3歳差はデカすぎる!!

 

高齢出産とされる35歳まであと2年。

仕事ではお局で、誰も教えてくれない。

35歳までの2年という数字は

リアルさがのこるのになぁー。

原作ファンとしては

設定し直してもらいたい。

 

**********************************
ブログランキングに参加しています★
**********************************
共通するものがあれば、
クリックして応援いただけると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ